スポンサーサイト

  • --.--.--
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    すさまじいまでの暴論。

  • 2010.09.15
  • 個人攻撃は避けたい、そう思いながらも結構個人名やその主張を挙げて意見させてもらっています。それでも政治家や著名人ならともかく、一般の方の意見に口だしするのはやっぱりあんまり気分のいいものではなくて、迷いながら、という感じだったのですけど……、でも、あまりの暴論にもうひとつだけ。
    お相手はもちろん「きっこ氏」。

    昨日、代表選の結果について書いて、小沢君支持の方々の弁明というか言い訳が楽しみだと、自分でも思わぬドS発言が出てしまいましたが、昨晩、きっこ氏の言い訳が掲載されていました。

    で、その言い訳の内容をすっごく簡単に言うと、「小沢一郎と書かれた党員・サポーターからの投票用紙を誰かが捨てたのでは?」というもの。まさに妄想もここまでいくとあっぱれとしかいいようがない。

    で、百歩譲って、「誰が捨てたのか」。
    考えられる線はたったの2通りしかない。
    1)郵便局員
    2)民主党本部職員
    で、1の郵便局員は絶対的にありえないことは、きっこ氏もわかるはず。全国300の小選挙区ブロックで同様の行動がとれるわけはないし、そもそも郵便局員は郵便局の再国有化という後ろ向きの改革によって圧倒的に小沢君を支持しているはず。どうしてそんな彼らが、しかも組織的にそんなことをしなければならないのでしょうか。郵政改革を進めるにあたって、亀井君と菅君が大ゲンカをしたことを忘れたとでもいうのでしょうか。ありえません。
    で、考えられるのは2の本部職員。これには可能性がないわけではない。全国から配達された葉書はこの1点に集まってくるわけだし、操作するのも簡単でしょう。ただ、例えそうだったとしても、それは「民主党内」で行われたこと。現実の民主党議員(地方・国会)たちの票がいずれも菅君の勝ちであるわけで、きっこ氏の脳内で行われたとする「操作」も民主党の意志の表明だったというように考えれば、おかしなことでもなんでもないはずです。

    圧倒的に理不尽なまでに小沢君を支持していた「ゲンダイ」も、「民主党の国会議員、党員、サポーターは大バカ野郎だ」という記事を書いており、なんというか、この人たちの発言や行動には本当に呆れ果ててしまいます。こんな人たちが支持している小沢君が総理にならずに本当に、本当によかった、と心の底から安堵している今日この頃です。

    テーマ : 政治・時事問題
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    プロフィール

    常盤荘太郎

    Author:常盤荘太郎
    いろいろと調べることが好きで、そのことでわかったことを基本に日常の疑問、感じたことなど、日々の話題にいろいろとツッコミを入れていきます。
    主夫目線で書く家事全般の記録
    生活のカケラ。
    トレード日記
    株とFXのトレード日記
    もよろしくお願いします。

    サイト関連情報
    amazonで検索!
    最新記事
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    + アーカイブ
     
    ブログ内検索
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。