スポンサーサイト

  • --.--.--
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    さて、小沢君が動き出した。

  • 2010.08.26
  • 本日、8月26日、小沢君が民主党の代表選に対して立候補を表明しました。
    小沢氏、代表選出馬の意向を表明 『鳩山氏から支援の言葉聞き決意した』
    8月26日8時35分 産経新聞
     民主党の小沢一郎前幹事長は26日午前、鳩山由紀夫前首相と都内の鳩山氏の事務所で会談し、9月の党代表選に出馬する意向を伝えた。
     会談後、小沢氏は記者団に、「鳩山由紀夫前首相から、出馬を決断するなら全面的に支援していきたいとの言葉を聞いたので、鳩山氏の前で出馬する決意をした」と述べた。


    これによると、「鳩山前首相から支援するという言葉を聞いた」とありますが、鳩山君の言い分は少し違っているようです。

    小沢氏『不肖の身だが決意』、鳩山氏『応援するのが大義』
    8月26日9時55分 日本経済新聞
    【鳩山氏の発言】昨日の菅直人首相との会談の模様を聞かれたので、私の方から概要を話した。その結果、それならば民主党と自由党が合併した時からの同志としての協力が得られるなら出馬をしたいという意向を述べられた。

    つまり、小沢君が鳩山君に対して、「君が応援してくれるなら」と語ったということになっています。つまり鳩山君は小沢君に“説得されて支持を約束した”と取れそうです。ただ、鳩山君はこれまでは菅代表を支持する意向を表明していたはず。

    外堀埋められた?…鳩山氏、小沢氏に『菅支持』
    2010年8月25日08時40分 読売新聞
     鳩山前首相が24日夜の小沢一郎前幹事長との会談で、9月の民主党代表選では菅首相を基本的に支持する考えを伝えたことで、小沢氏の代表選出馬は厳しい情勢になってきた。

    ところがここに来て、“お願いされた格好とはいえ”一転の小沢君支持。それにはこんな裏があった様子。

    鳩山前首相『小沢氏を支持するのが大義』
    8月26日08時57分 読売新聞
     小沢氏が党代表選への出馬を決断した理由に関して、「昨日の菅首相との会談の概要を話した。(小沢氏は)それならば、と出馬を決断した」と述べた。菅首相が小沢氏を含めた挙党態勢構築に難色を示したことを踏まえ、小沢氏が出馬を決めたことを明らかにしたものだ。

    鳩山前首相『小沢氏、要職に起用を』
    8月26日1時28分 読売新聞
     鳩山前首相は25日、読売新聞のインタビューに応じ、9月の民主党代表選後の党役員・閣僚人事に関連し、「小沢一郎前幹事長の存在感が見えることが望ましい」と語った。
     小沢氏が代表選出馬を見送った場合も、要職に起用するべきだとの考えを示したものだ。


    つまり、鳩山君は小沢君を積極的に応援してはいなかったものの、持ち前の「友愛精神」から、“党内融和こそ自身の勤め”とばかりに菅君に対して「小沢君の処遇をよろしく」と頼んだ模様。それが菅君からは「脱小沢で行きます」との発言があり、それを聞いた小沢君が激怒。鳩山君に迫り(場合によっては「俺が総理になったら」的な懐柔策も)支持を取り付けた、というところでしょうか。

    で、街の声は、と言うと──。

    首相続投賛成57%、支持上昇44%…読売調査
    8月9日22時28分 読売新聞
     読売新聞社が6~8日に行った全国世論調査(電話方式)で、菅首相(民主党代表)が9月の民主党代表選で再選され、首相を続けることに「賛成」と答えた人は57%、「反対」は30%だった。
     菅氏の代表再選―首相続投への「賛成」は、民主支持層では87%を占めた。自民支持層でも46%(「反対」44%)、無党派層でも46%(同32%)で多数となり、菅内閣を支持しない人でも33%が「賛成」と答えた。
     小沢前幹事長が、政府や党の要職に就くべきだと思う人は13%で、「そうは思わない」は81%に達した。民主支持層でも76%が「そうは思わない」と答えた。


    と、「小沢君、頼むからじっとしておいてくれよ」と思ってる人が8割以上という結果。それなのに、どうして小沢君は代表選に出ようと“思える”のか、そして、“誰が”小沢君を支持しているのか、これが不思議でなりません。
    まぁ、小沢君は世論調査を信用していないと公言しているわけで。

    『世論調査は、あたったことないよ』小沢幹事長会見
    4月12日 asahi.com
    ――テレビ朝日の世論調査では、参院選比例区でどの党に投票するかという質問に、民主党が23%、自民党が24%と逆転した。残り3カ月で逆転される現状に、どう巻き返すか。
    「全然心配しておりません」
    ――それは、どうしてですか。
    「君もよく勉強してから、そういう質問はしてもらいたい。今まで新聞やテレビの世論調査は、あたったことないよ、ほとんど」

    と、小沢君は放っておくとしても「国民の生活が第一。」と偉そうに看板を掲げておきながら、国民の8割が望んでいることを無視するのですから、この党の異常さがよくわかります。

    で、誰が小沢君を支持しているのか──、その前に、代表選はどのようにして行われるのかおさらいです。

    8年ぶり党員・サポーター投票=民主代表選の仕組み
    08月26日 11時14分 時事ドットコム
     菅直人首相と小沢一郎前幹事長が争うことになった民主党代表選は、ポイント制で実施される。党所属の国会議員、地方議員、一般党員・サポーターに割り振られたポイントは計1224ポイントで、過半数は613ポイントとなる。
     ポイントの内訳は、412人の国会議員が1人2ポイントずつを持ち、計824ポイント。地方議員2382人の票は100ポイントに換算され、候補の得票数に応じてドント式で配分する。34万2493人の党員・サポーター票は衆院小選挙区の数と同じ300ポイント。小選挙区ごとに最多得票の候補が1ポイントを獲得する仕組みだ。


    ちなみに、過去の民主党代表選で党員・サポーター投票が行われたのは2002年9月の代表選のみ(鳩山由紀夫氏が勝利)で、今回は8年ぶり2回目となるそう。
    で、重要なのが「党員・サポーター票が300ポイント」というところ。党員・サポーターとはなんぞや?と調べてみると──、

    あなたも民主党に参加しませんか?
    党員とは?
    ○民主党の基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
    (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
    サポーターとは?
    ○民主党を応援したい18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
    (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)


    ──と、なっており、民主党の一部議員が、国民の大反対を押し切って進めようとしている外国人参政権の問題が見え隠れしてくるわけです。この外国人参政権は、今のところ地方参政権に限られているわけですが、こうやって代表選に対して、外国籍の党員・サポーターにも投票権を認めているということは、外国人が民主党の代表を(つまり日本の総理を)決めることができてしまうということになります。

    民主代表選有権者、党員・サポーターは34万人
    8月25日21時38分 読売新聞
    によると、34万人とされている党員・サポーターですが、一方で、平成20年末における在日の中国人数は65万人、朝鮮人・韓国人が59万人と公表されていますから、極端な話、この34万人の大半が中国人や朝鮮人であってもおかしくはないわけです。
    で、仮にこの人たちが「外国人参政権」や「朝鮮学校の授業料無償化」、「在日外国人の子息への子供手当」を根拠に全員小沢君に投票したとして300票。過半数は613票ということですからあと313票。国会議員は1人2票の割り当てなので、157人が小沢君支持に回れば小沢政権の誕生ということになります。
    この157人、民主党の国会議員数は412人ということなので、わずか38%。国会議員だけの投票では過半数は取れないかもしれないからと、党員・サポーター投票を行うことにしたのだとしたら……。極端すぎる話かもしれませんが、うーん、考えられる。

    で、改めて、民主党の国会議員のうち、誰が小沢君を支持しているのか。

    民主代表選:小沢氏擁立強まる…三井氏ら輿石氏に対応一任
    8月21日1時10分 毎日新聞
     小沢氏支持派では、6月の代表選で樽床伸二国対委員長を擁立した三井辨雄国対委員長代理らのグループが20日夜、東京都内で会合を開催。樽床氏や、鳩山由紀夫前首相グループの平野博文、小沢氏に近い松井孝治前正副官房長官も出席し、「難局を乗り切るには小沢氏の出馬しかない」として出馬を促すことで一致した。

    「難局」を作り上げたのは、鳩山君と小沢君ではないのか、といった根本的なツッコミはさておき、以上の記事から、三井君と松井君が支持していることがわかります。
    で、松井君のことはよくわかりませんが、三井君は「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」や「日韓議員連盟」に所属するバリバリの親韓派であることがわかります。
    で、もう1人。忘れちゃならないのがこの人、山岡君です。

    人気投票ではなく、本当の意味での危機打開をする人ということで、(次期代表には)小沢さんがいいという声が広まりつつある──山岡賢次民主党副代表(朝日新聞8月24日付)
    日本の論点PLUS
     民主党の代表選挙(9月1日告示、14日投開票)をひかえて、再選を目指す菅直人代表(首相)の対抗馬として、小沢一郎氏(前幹事長)の出馬が注目されている。出馬を働きかける急先鋒のひとりが冒頭の山岡賢次氏(党副代表)で、すでに代表戦における小沢支持グループの組織づくりと票固めに奔走、早ければ26日にも小沢氏に正式に出馬要請したい意向だ。

    山岡君は小沢君の立候補意志表明に先立ってこんなことも。

    『小沢氏は100%出馬の意志』」代表選で山岡氏
    8月26日8時51分 産経新聞 「小沢氏はかなりの決意をもっている。私の感触をいえば、もう事実上100%出馬をされるという意志を固めている」と述べた。 と、山岡君、完全に小沢君の太鼓持ちといったところ。「人気取りではなく」とか「本当の実力者」とか、確かに聞こえはいいけれど、それって本心から思ってるの?と疑いたくもなる。

    で、山岡君はこれまでの小選挙区選挙では全敗、2009年、つまり先の衆院選で初めて小選挙区当選を果たしたという“程度”の支持しか得られていないのに、なぜか民主党の副代表となっている方。
    で、Wikipediaで見てみると、
    ・2010年1月12日には在日本大韓民国民団中央本部の新年パーティに参加。参政権成立に全力で錦の御旗として取り組むと法案実現を約束。
    ・2010年3月18日、韓国大使館で権哲賢駐日韓国大使と会食し、「(外国人参政権は)参院選があるからできないが、選挙が終わったらやる」と参院選後の成立を約束。
    ・健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟の顧問をしており、マルチ商法関連団体でマルチ商法を推奨する講演を行っていた。
    ・小沢一郎幹事長が党代表に就いた2006年以降、政治資金収支報告書が公開されている2008年までの間に、党財務委員長だった山岡らに「組織対策費」として計約22億円が党本部から集中的に支出されていることが分かった。

    だとか、とにかく真っ黒な感じのお方。この方が小沢君を熱心に担ぎ上げようとしているのだから、国民からの支持なんてまったく得られるはずもない。


    さて。
    そもそも、鳩山君と小沢君が(何のなのかはともかくとして)責任を取って辞任したのが、“今年の”6月2日。民主党の代表選における告示日は9月1日ですから、自ら辞意を表明した方が3カ月もたたずに“よりによって”代表選に立候補するという異常事態となっています。辞めた上で代表選に、といってる方もどうかしてるけれど、それを担ぎ上げようとしている方もまったくもってどうかしています。こんなことが許されるのも、まさに「国民不在」の典型。
    で、思い起こして見れば、小沢君が民主党の代表を辞任したのが昨年、2009年の5月11日。鳩山君から要請を受けて、党の幹事長に就任したのが同年9月3日。このときも、その間わずか4カ月足らず。
    この人は「責任」という言葉をどのように考えているのでしょうか。

    さてさて、そして、自民党からは早くもこんな声が。

    【小沢氏出馬】首相就任ならカネ問題『説明強く求める』 自民の大島氏
    8月26日11時47分 産経新聞
     自民党の大島理森幹事長は26日午前、民主党の小沢一郎前幹事長が9月の党代表選に出馬表明したことについて、「円高株安問題などがあるなか、これから3週間も政府不在になってはならない」と述べ、選挙戦の過熱化による政治空白に危機感を示した。党本部で記者団の質問に答えた。
     大島氏は、小沢氏が政治とカネの問題を抱えていることについて「国会での説明責任を強く求めていくことに変わりはない」と述べ、小沢氏が首相に就任した場合、衆参両院の予算委員会などで厳しく追及する考えを示した。


    民主も民主なら自民も自民。政府不在に対する危機感を表明しながらも「予算委員会で厳しく追及する」と、これまた国民不在、政治の空白化確定。


    もう、この国にはマシな政治家なんていないんでしょうね。
    で、国民はここまでバカにされながらも、またスルーしてしまうのでしょうね。

    テーマ : 政治・時事問題
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    常盤荘太郎

    Author:常盤荘太郎
    いろいろと調べることが好きで、そのことでわかったことを基本に日常の疑問、感じたことなど、日々の話題にいろいろとツッコミを入れていきます。
    主夫目線で書く家事全般の記録
    生活のカケラ。
    トレード日記
    株とFXのトレード日記
    もよろしくお願いします。

    サイト関連情報
    amazonで検索!
    最新記事
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    + アーカイブ
     
    ブログ内検索
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。