スポンサーサイト

  • --.--.--
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    期待はどこに向かっていたのか。

  • 2010.07.13
  • 参院選が終わって、やっぱりと言おうか勘違いと言おうか、消費税はまったく争点なんかではなかったように思います。
    やっぱりいうのは、「争点にしちゃいけないんですよ」と、「公務員制度改革こそが本丸ですよ」という自分の意見に対して。勘違いというのは。「争点になっちゃってますよ」と警告した自分の意見に対して。国民はそこまでバカではなかったということですね。
    ただ、一方で民主党内の小沢氏に近いとされる議員や幹部からは「消費税を争点としたことで大敗した。執行部の責任は重い」なんてことをおっしゃる方がいるようで、この人たちは本当になにもわかっていないようです。そもそも負けたのは小沢さん、あなたのせいでしょうが、と、あなたが強引に展開した2人擁立作戦はまんまと失敗したでしょうが、と言いたいのですが、今日はやめておきます。

    で、結果に対してどうこうは朝から晩から終始やってますのでそれに任せるとして、まぁ、それにしても国民の行革を求める声が大きいことは、民主党は自らがそれで資格保持者となったのだからわかっていたとしても、ここまで大きいとまでは想像できなかったのでしょうか。
    今回の参院選において、行革に対するポイントとなる点は、
    ・自民の勝利
     →消費税増税を言い出したのは自民党であって、国民は消費税自体に反対していたわけではなかった。
    ・みんなの党の躍進
     →「行政改革/公務員制度改革」をその旗印としているみんなの党がこれだけを支持を得たということは、とにかくそれをやってほしいという国民の声の表れであった。
    ・蓮舫氏が171万票を獲得
     →善し悪しはともかくとして、事業仕分けに対する期待度を反映している。

    で、どうするか。
    民主党の幹部を含め、議員たちのなかには、未だに「政権を取ってまだ10カ月」なんてことを言う人たちがいます。
    ところが政権をとってからのこの10カ月の間には150日間を会期とした通常国会もきちんと開催されているわけだし、民主は連立政権として、衆院、参院ともに過半数を維持していたわけで、まさに自分たちの政策を通そうと思えばいくらでも通せたはずだという事実があります。ところがこの第174通常国会においては、前代未聞の10本もの強行採決を行いながら、提出した法案は63件、そのうち成立はわずか35件という、戦後最低のものとなりました。
    しかも、こういう記事がニュースになること自体がおかしいのは、仮にその35件が戦後最低であったとしても、例えば公務員制度改革法案であったり、議員定数削減法案であったり、議員年金削減や議員報酬改定、または独立行政法人や公益法人に対する規制や罰則強化であったりするようなものであったら、国民は拍手喝采で民主党をたたえたのではないでしょうか。
    ところが実際に可決されたのは子供手当や高校無償化といったバラマキ法案であって、国に予算がないなかで強行に可決施行することは本来的に正しかったのかという疑念は尽きません。

    そもそも、民主党は、今回の参院選の比例区での当選者を見ればわかるとおり、公務員労組や自治労、労組、総連、連合、日教組といった、いわば雇用される側の人たちが加盟、参加している団体によって支持されていることがわかります。一方の自民党の支持母体は経団連。最近はその協力関係は希薄になっているとは言うものの、この経団連は基本的には会社を経営している側、いわば雇用している側の支持ということになり、自民党VS民主党という構図は経営者VS労働者と置き換えることができると思います。

    経営者は自分の得た売上のなかから、人件費や設備投資、研究費などの経費を除いていって、最終的な利益のなかから「手当て」としてのボーナスを支給したり、社員のレクリエーション施設に投資したりしたいと思うはずです。
    一方の労働者側は、会社の売上は自分たちが頑張ったからだ、との考えから、自らの給与増額、待遇改善をまず要求するでしょう。それが例え会社の経営状態が悪化しようとも、自分たちは頑張っているんだと、経営が良くないのは経営者の経営感覚が鈍いからだ、と。

    こういった考え方はかつての日本ではごく当たり前のものでした。労働者はそのほとんどが労働組合に参加し、待遇改善を要求してストを行ったりメーデーに行列を組んでデモ活動を行ったりするのもごくごく当たり前のことでした。経営者は敵、組合員は同士として、尊敬されるのは社長ではなく組合長でした。
    ところが時代は変わり、ファーストリテイリングの柳井氏やソフトバンクの孫氏、楽天の三木谷氏やサーバーエージェントの藤田氏、和民の渡邊氏など、新興会社の社長に注目が集まるようになると、その経営手腕や生き方に対して「あこがれ」を抱くような人も増えてきました。経営者が優秀であれば会社は確実に売上を伸ばし、社員の待遇は良くなるんだと、そういうことが世の中にきちんと伝わって行きました。
    日本人の性格がずいぶんと変わっていったことも影響しているのだと思いますが、デモを行ったり、ストを行ったりすることは「恥ずかしい、みっともない」ことのように思えるようになってきました。
    このような時代のなかで、労組幹部を次々と擁立し、自身に取り込んでいく民主党は、明らかに時代に逆行していると言わざるを得ません。
    労組幹部を擁立する理由、それはただ単に「当選が見込める」からに過ぎません。選挙のための政治、自民党時代にさんざん行われ、国民が最も忌み嫌う政治手法がこの党には未だ残されているのです。

    さて、今回、我々国民は、民主党に対してNoを突きつけたわけです。そのことによって、民主党では逆に上に書いたような労組幹部ばかりが当選する結果となったのは皮肉なことです。けれども、民主党は参院選の敗北から何かを学ばなければいけません。国民はそのおかしさに、わずか10カ月で気づいたわけですが、党内からは未だ「小沢氏を9月の代表戦に」などという声も挙がっているようで、この人たちが本当に何かを気づけるのは、本当に何かを学べるのはまだまだずっと先なのかもしれません。
    ただ、それまで国民は辛抱強く待ち続けることができるのでしょうか。耐えることができるのでしょうか。「国民に対して真摯に」、選挙前にはそう言い、選挙後においてもそう繰り返すその言葉を口先だけではなく、常に心に抱いて政治活動を行ってほしいと願います。

    テーマ : 政治・時事問題
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    常盤荘太郎

    Author:常盤荘太郎
    いろいろと調べることが好きで、そのことでわかったことを基本に日常の疑問、感じたことなど、日々の話題にいろいろとツッコミを入れていきます。
    主夫目線で書く家事全般の記録
    生活のカケラ。
    トレード日記
    株とFXのトレード日記
    もよろしくお願いします。

    サイト関連情報
    amazonで検索!
    最新記事
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    + アーカイブ
     
    ブログ内検索
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。