FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --.--.--
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    生歌番組があまりにもひどいんじゃない?

  • 2009.12.16
  • いろいろと仕事をしているなかで、つけっぱなしのテレビから聞こえてきたちょっとひどいと思った話。
    こういうことを書くのは本当に気の毒というか、申し訳ないというか、そう言う気持ちもあるのだけど、なんというか気持ちが収まらない感じもあって書かせていただきます。

    今日は仕事が忙しくてずっとPCに向かっていたのですが、隣の部屋では奥さんが生の歌番組を見ているようで、観客のキャーキャーという歓声と歌手の歌声とが聞こえてきていました。
    番組は、はっきり言ってしまおう、「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2009」という番組。
    これがね、本当に本当に申し訳ないのだけれど、とにかく酷い。

    ジャニーズがいっぱい出ていて若い観客がキャーキャーうるさくって……、なんてことを書きたいわけではなくて、酷かったのは出場していた歌手の方。
    仕事をしていたわけですし、すべてを見ていたわけではないので、この批判はすごく一方的なものになってしまうかもしれないのですが、「ねぇ、本当に歌を歌って生計を立てている人なの?」と感じずにはいられません。

    うーん、これまたはっきり言ってしまおう。
    特に、Every Little Thing、TOKIO、GLAY、KAT-TUN、浜崎あゆみあたりはもうホントにちょっと勘弁してほしいと思ってしまったほどでした。

    一人ずつ思ったことを。
    ・Every Little Thing
    Every Little Thingは、優しい霧雨のような音楽と、持田真樹さんのとても独特な声、繊細な歌い方が特徴的な大好きなアーティストのひとりです。ですが、少し前から持田さんの歌い方に変化が見えるようになり、特に高音部がまったく歌えなくなっているように見えます。
    もともと「透き通った声でどこまでも上げていく」というタイプの歌い方ではなかったとは思いますが、あまりにも苦しそう。で、ちょっと調べてみると、急性気管支炎を患ってから歌声に変化があったということですが、なるほど、僕もすぐに気管支炎はやってしまうので、それは辛いだろうなぁと納得。
    であるのなら番組側もそういうことを考慮して昔の曲は極力歌わせないようにするなどの配慮が必要ではないでしょうか。一番苦しいのは持田さんでしょうが、自身の喉と相談しながら、これからもいい歌を聴かせてくれると嬉しいです。

    ・TOKIO
    なんだか昔の歌をアレンジしたようですが、そのアレンジが長瀬さんの声や良い所を消してしまっているように思えました。彼はもっと一直線に、やや暴力的に歌いあげる方が上手だと思いますが、少しコネているような歌い方では魅力半減です。

    ・GLAY
    これはもう完全に酷い。まったく声が出ていませんでした。TERUさんも前出の持田さん同様、透き通った声で歌い上げるタイプではなかったように思いますが、それにしてもノドから声を出してしまっていて辛そう。練習不足は否めない感じ。

    ・KAT-TUN
    まぁ、ジャニーズだから、ということは置いておいて、これも酷い。SMAPや嵐など、集団で歌うグループによく見られることなんですが、みんなで歌えばそれなりなのに、個人個人のパートが酷い。集団で歌うところは誰か他の人がサポートでもしているのでしょうか。もっと個人個人が技術を磨くべし。

    ・浜崎あゆみ
    いまさら感もありありですが、彼女ももうちょっと限界。歌えない分、シャウトで会場を盛り上げていたようですが、なんともかんとも。彼女のライブビデオも見たことがあるのですが、これも本当に酷い。疲れてきて後半は、とかじゃないからちょっとたちが悪い。
    浜崎さんは今でもたまに聞きますが、最初のころの曲、例えば『YOU』や『Trust』などは、本当にきれいにていねいに歌っているようで、すごく好感が持てるのですが……、途中から真剣に歌うことがめんどくさくなっちゃったようですね。曲調と歌い方に変化が出てくるのは6枚目の『WHATEVER』あたりから。このあたりから確かにハマサキ色みたいなものが強く出てくるのですが、逆に歌い方は投げやりになっていってるようにも……。


    さて、一方で、実力で這い上がってきた系の歌手のみなさんは見事。
    いきものがかりあたりはまだ若いからということにして、平井堅や桑田佳祐、コブクロあたりは見事。ほかにSPEEDで島袋寛子さんが往年の声を取り戻しつつあるように感じられたのが素晴らしいと思いました。

    もちろん、歌手の方は歌えてナンボですが、そのファッションや言動、ライフスタイルなど、さまざまなことも評価の対象であり、まったく一概に「歌えないのならダメ」というのも難しいとも思います。また、自分自身が歌えてないことを知ってか知らずか、こうやってライブで歌を披露して、観客に聞かせる(こういう場に登場する)時点で、その活動は素晴らしく、賞賛されるべきだとも考えています(生では歌わない歌手も多いため)。
    それでも、いや、それならばこそ、「確実に歌えることのできる曲」を用意しておくなどの工夫も必要かな、とそう思った夜でした。


    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記





    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    浜崎あゆみ ballad

    「アバクロ」ってどんなブランド? ‎2009年12月14日‎ 日本では2004年頃以降、キムタクや浜崎あゆみなどファッションリーダーとされる著名人たちから人気が広がった。海外通販を利用したり海外旅行時に購入する人が多い。輸入品店では米国の数

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    常盤荘太郎

    Author:常盤荘太郎
    いろいろと調べることが好きで、そのことでわかったことを基本に日常の疑問、感じたことなど、日々の話題にいろいろとツッコミを入れていきます。
    主夫目線で書く家事全般の記録
    生活のカケラ。
    トレード日記
    株とFXのトレード日記
    もよろしくお願いします。

    サイト関連情報
    amazonで検索!
    最新記事
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    + アーカイブ
     
    ブログ内検索
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。