FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --.--.--
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    徹底的に叱らない。

  • 2010.06.25
  • 唐突ですが、子供をとにかく叱らないそうです。
    良いか悪いかはともかくとして『「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本』というものも発行されているくらい。
    で、amazonで、この本のレビューを見てみると、30件のレビューがついていて、平均点が4.5点。同じ著者の本には『「否定しない」子育て 親の「話す技術」「聞く技術」21』なんてものもあって、これはレビューが1件ながら満点の星5つ。

    いずれにしても本の内容がわからない以上、それこそあれこれ“否定”するわけにはいかないのですが、『「叱らない」しつけ』について書かれたレビューを見てみるだけでも、どうにも腑に落ちない。もちろん、人それぞれに考え方や方法があるわけですから、僕の考え方が正しいとも間違っているとも言えず、こればっかりはどうにも……なのですが、まぁ、ちょっと……モゴモゴモゴといったところ。

    で、本は読んでいないのでなんともかんともわからないので一切関係ない立場ということで書いていきますが、「叱らない」というのはどうやら昨今の流行のようであります。「叱らない」というか「否定しない」というか。

    これは、例えば「○○してはいけない」と言う否定型で「叱る・しつける」のではなく、「□□しようね」と肯定型で伝えようというのが、ものすごくざっくりとした表し方なのですが、極端な例を挙げれば、高い(危険な)場所で遊んでいる子供に対して、「そんなところで遊んじゃダメ」と言うのではなく、「こっち(平らな、安全な場所)で遊ぼうね」と伝えましょう、という感じ。で、これが極端すぎる事例かといえば、これがあながち遠からずなのでわざわざこうして書いているわけです。

    で、本当にこの肯定型だけでいけるのか検証です。

    言葉には裏表があるので、言葉の使い方を変えることによって、非定型を肯定型に変更することはある程度は可能だと思います。また、上に書いた例のように、場所や目的を変更することで否定しない言い方に変えるということも可能ではあると思います。

    で、例え話。
    僕は小さいころから釣りが好きで、今でも趣味として続けているのですが、この「釣り」を子供に教えようと思ったら、肯定型だけではとてもとても、と思ってしまいます。
    釣りでは、先が鋭く尖った針を使うし、糸を切るのにはハサミを使うし、仕掛けによっては重たい錘も使うし、それらを長い竿にくっつけてブンブンと振り回す自体も予想されます。また、釣れる魚にしても、鋭いトゲを持ったもの、毒を持ったもの、あるいは捕獲することや持ち帰ること、リリースすることが禁止されている魚もいます。海や川、湖といった釣り場は、水辺に近づきすぎたり、天候を見誤ったりといった、安易な行動は死に直結しますし、同じ釣り場での対人関係などもとても重要な要素のひとつとなります。そういったすべての事柄を伝えるのに、「□□しようね」なんて(ある意味)生易しい言葉で対処できるのかでしょうか。
    ・針はこう持とうね
    ・ハサミはこう使おうね
    ・竿は気をつけて振ろうね
    ・すぐに魚には触らないようにしようね(“ない”が入ってしまいました。残念)
    ・このお魚は逃がそうね
    ・こっちで釣ろうね
    ・あっちに投げようね
    うーん……。これらすべての言葉に対して「どうして?」と問いが返されたらどうしましょうか。「危ないからだよ」と返しましょうか。だとしたら最初に、「危ないから、ハサミはこう使おうね」と言いましょうか。
    なんとかできそうな感じはします。

    でも、それでも僕は事前に「絶対してはならない、絶対守らなければならない禁止事項」をひとつずつ時間をかけてきちんと説明し、それらが守られなかった場合には厳格な対応を取る必要があると感じています。それは漠然とした教え方では危険を防御できないからです。

    こういう考え方には、「最初からダメなことばかりを教えてしまうと、せっかく興味を持っても、おもしろいと思わなくなってしまう」という意見によって抵抗を受けるでしょう。
    でも違います。こと釣りに関してのみのことを言えば、どんなに禁止事項でがんじがらめにされたとしても、魚がかかった瞬間の、釣り上げたときの、あの興奮を体験すれば、そして、これを体験するためにたくさんの守らなければならないことがあるのだと考えられれば、そんなのを守ることぐらいなんともないことになるはずです。
    子供に「楽しみ」を与えてあげられない、大切なものを教えてあげられない親が、子供の様子にビクビクおびえながら子育てをしているから、「せっかく子供が興味を持ったのに」と考えてしまうのではないでしょうか。

    例えばご飯。「また今日もハンバーガーを食べさせてるの?煮物も食べさせなさい」と無理矢理食べさせようとするお姑さんに対して「せっかくこれなら食べると言ってるんだから」。
    例えばゲーム。「こんな時間までゲームさせてるのか?」と帰宅したパパに言われて、「せっかく興味を持って夢中でやってるんだから」。
    まぁ、こういう例は少ないにしても、「子供の興味」や「やる気」だけで物事を判断するから、うまく叱ることができないんじゃないかと、僕はそう感じます。
    スポーツ選手だってそう。すべての成功しているプレーヤーが、はじめからうまく、褒められることだけでその地位を得たわけではないでしょう。それでもホームランを打つことの楽しさや、相手を打ち負かしたとき、昨日より早く走れたとき、そういったさまざまな楽しさを教え、与えてあげることで、単なる「興味」や「やる気」より強い継続力が出てくるのではないでしょうか。


    少し脱線しましたが、もちろん日常生活においては、なにをしでかすかは事前に想像つかないわけですから、あらかじめ危険を想定して禁止事項を伝えきることは難しいかもしれません。それによって、事前の注意なく、事後にいきなり叱りつけることだってあるのかもしれません。その場合にも「~~しようね」で対応するのでしょうか。
    いきなり叱りつける、もちろんそれはけして褒めらることではないのかもしれませんが、それでもその「叱る」のか「叱らない」のかの判断は、その行動に対する危険度、反社会度を親が判定して決めるしかないのではないでしょうか。
    子供は「してはダメなこと、守らなければいけないこと」を知りません。「愛情を持って接することで子供は自然と親が嫌がることはしなくなる」という考え方もあるように聞きますが、この「愛情」という言葉が実はくせ者。子供の行動すべてを「親の愛情」という漠然としたものの深度で図られたのでは、たまったもんじゃありません。
    「ウチの子が言うこと聞かないんです」→「愛情が足りませんね」
    「ウチの子が偏食するんです」→「愛情が足りませんね」
    「ウチの子がよその子をいじめてるみたいなんです」→「愛情が足りませんね」
    「成績がよくならないんです」→「愛情が……」
    これではなにか問題に突き当たる度に「自分の愛情が足りなかったのでは」と、ノイローゼになってしまうでしょう。

    “愛情”などという漠然としたものに支配される前に、しっかりと考えなければいけないのは、とにかく「叱らなければ」いいわけでも、「叱れば」いいわけでもないはずだということ。いいことをしたり、なにかを達成できたのであれば、ごく自然に褒め、悪いことをしたり、決まりを守らなかったら、ごく自然に叱る──、こんな単純なことがどうしてできないのか、そこが一番の問題なのです。いろんな知識を詰め込みすぎて、いろんな情報に頼りすぎて、本当に大切なことが見えなくなっているのではないでしょうか。


    さて、ここで今まで書いたことを全部白紙に戻して、百歩譲って、子供が2歳や3歳、5歳や10歳であるのなら、「叱らない」「否定しない」でもまだいいでしょう。
    問題は、この「叱らない」「否定しない」が、中学生や高校生に対しても行われているようだということです。

    例えば×をつけない採点というのがあるそうです。
    間違いを指摘して単に×としてしまうのではなく、「もっとこうしたらもっと良くなったのにね!」みたいな助言をする採点の仕方で、どんな間違いであっても、それは間違いではなく、限りなく△に近くなるという、学生にとっては夢のような採点の仕方です。
    もちろん助言があれば、確かにわかりやすいです。「そうか、もっとこうすればよかったのか、ふむふむ──」と学生は感じるでしょう。復習として学びやすいし、理解力も深まりそうです。
    こういう×をつけない、悪いところを指摘しない、否定しない方法の根本にあるのは釣りのところであげたものと同様に「注意してしまうことで子供のやる気をそいでしまう」という考え方のようです。どんなに嫌でも勉強はやらなければいけないわけですから、せめてやる気だけでもなくさないように、というところから来ているのかもしれませんが(あるいは単にやめられたら営業的に問題が生じるのかもしれませんが)、果たしてそうでしょうか。「できないこと」「苦手なこと」「ダメなところ」をきっちりと教えてあげる、そのうえでそこが克服できたとしたら、それは喜びにはならないでしょうか。そしてなにより、できないことを指摘することでしか「なにをしなければならないのか」は伝えられないと思うのですが……。

    僕はこういう教育の仕方は、なんというか、子供の手を引っ張っているだけのように感じます。子供自体はあるポイントに立っていて、足はそこから動いていないのに、手だけを引っ張ってその先にあるものに触らせてあげているような、そんな感覚です。子供はその先にあるものを少し触ることによって、自分がそこに到達したように感じるでしょうが、肝心の本体は残ったまま。手が伸ばされれば伸ばされるほど広い範囲に手が届き、多くのものに触れることはできるようになるでしょうが、結局は触っただけで、それを自分のものとしているわけではない、そんな感じです。
    「頭でっかち」──。そんな言葉が浮かびます。身についていない、体験を通していない、単なる知識──。現代の子供に応用力がないと言われるのはそういうことが原因なのかもしれません。


    楽しく子育て──。
    これもよく聞かれる話です。
    僕はまだ子育てをはじめたばかりで、まして、我が子はまだ親の存在すら理解できないような状態ですから、子育てについて語る資格を得ていないのかもしれませんが、子育てはけして楽しいものではなく、とても辛く厳しいものだと考えています。
    子供に“愛情を持って”接し、子供の人格を“尊重”し、子供の“理解者”になる──。一見、すごく正しいことのように見えますが、それはもはや教育ではなくて、友情や恋愛です。

    それはもはや「楽しい」子育てではなく「楽な」子育てではないでしょうか。

    スポンサーサイト

    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記





    スクロール問題発生。

  • 2010.06.13
  • iPhone 4の発売が正式決定し、そわそわしている方も、まったく気にも留めていない方も、さまざまな週末だと思いますが、iPhone人気から起こる問題をひとつ見つけてしまったので、なんとなく。

    いまやブログは日常生活にごく一般的に入り込み、猫も杓子も、とまではいななくとも、まぁ、なんらかの形でブログに関わったり接したりしている人がほとんど。もちろん僕だってこうやって(かなり不真面目ではあるけれど)書いているわけで、どちらかというと新しい文化には無頓着である僕が書いているくらいですから、とっくの昔に成熟している業態だと考えています。

    で、ブログ。
    ブログが悪いとは言いません。
    ただ、ブログとiPhoneが重なっていくと問題点が出てきますね。

    そう、スクロール。

    なぜだかどうしてか、昨今の方々は文章をとにかく切れ切れにする。
    ブログにはじまり、ケータイ小説、いまや普通の小説ですらかなり切れ切れの文章を見かけることもあって、正直あまりいい気持ちでいるわけではないのですが、この切れ切れのブログ、ケータイで読まれることを意識しているという。
    ケータイでブログを閲覧してみると、もちろん機種によってさまざまな表示方法があるわけでしょうが、一般的に1行は20字前後くらい? となると、その文字数で読みやすいように、と文章を切れ切れにしていく。

    上の文章だとすると、
    ~~・~~
    ケータイでブログを閲覧してみると、
    もちろん機種によってさまざまな
    表示方法があるわけでしょうが、
    一般的に1行は20字前後くらい? となると、
    その文字数で読みやすいように、
    と文章を切れ切れにしていく。
    ~~・~~
    といった感じ。

    で、これも読みにくい。
    で、進化形がこんな感じ。

    ~~・~~
    ケータイで
    ブログを
    閲覧してみると、

    (以下略)
    ~~・~~

    で、さらにさらにひどいのがこんな感じ。
    例題となる文章は「今日は噂のラーメンを食べた。おいしかった」

    ~~・~~
    今日・・・・・


    なんと!!!


    あのっ!


    噂のっ!!


    ラーメン!!!!


    ついに!!!!!!!!


    食べた!!!!!!!







    うまかったっっっっっっっっ!!!!!

    ~~・~~

    みたいな。

    で、これをケータイで見るときに、一回では表示されなくて、再読み込みをする度にアクセスがカウントされるとかされないとか、だから切れ切れにするのかとか、いや、違うんだ、とか……。まぁ、どっちにしても、世間にはこんな文章が溢れているわけで。

    で、ケータイはまだいい。
    なぜなら、上向きボタンやら下向きボタンやらがついているから。
    それをピッピコピッピコ押していけば、あるいは押しっぱなしにしておけば、上のような「行数だけ使って言いたいことはこれだけ?」みたいな文章だって、まぁ、読めます。その前に、わざわざケータイのパケット料金つかってまで、そんな文章読むか?といったツッコミはとりあえず置いといて。

    で、iPhone。
    これ、無理。
    ご存じのようにiPhoneは指でスクロールできたりするタッチスクリーンが魅力。となると、上のヘンテコリンな文章を読むために、何度指を行ったり来たりさせなきゃならんのか。きっと、みんな親指が腱鞘炎になりますよ。

    さて、おそらく、世の中はケータイの主力はきっとスマートフォンに移っていく。日本人のことだから、スマートフォンをさらにああしてこうして、現在のものとは違う形に変化していくことは十分考えられるけれど、それでも間違いなく移っていく。
    スマートフォンの特性はなにか。それは多くの情報を、より簡単手軽に手に入れることができ、管理することができるということ。いつでもどこでもどんな場面でも、世界中に存在し、刻々と更新される情報を手に入れることができるということ。もちろんすべてのユーザーがそういった使い方をするわけではないでしょうけど、それでもやっぱり、

    今日・・・・・


    なんと!!!


    あのっ!

    みたいな書き方は淘汰されていかなくてはならないでしょう。まぁ、こんなこと僕がわざわざ言わなくてもいいことではあるんですが。

    それより今思ったんですけど、iPhoneとかでWEBブラウンジングとかするときって指を右だ左だに動かすわけでしょう? ケータイの十字キーのようなボタンみたいなのを画面の右とか下とかに配置できるアプリ作ったら売れますかね。
    あ、こういうのって公開しちゃマズイな。

    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記





    なんのために働くのかが見えない。

  • 2010.06.12
  • 先日、「キャリア官僚を目指す東大生が減少している」というテレビプログラムを見ました。細かくは覚えていないのですが、
    ・キャリアを目指している
    ・生涯賃金の多い外資系を目指している
    ・迷っている
    という3タイプの現役東大生が、それぞれにその理由を話し合うというものでした。そこで語られる内容には(もちろんテレビという性格上、おもしろおかしく編集がなされ、事実と大いに異なってしまったことも十分考えられますが)びっくりさせられると同時に考えさせられることがありました。

    「天下りの何が悪いのか」と語る若者がいました。彼は、「天下りがないのなら、最高学府からさらに国家試験を経て、最難関に到達したことのご褒美がないじゃないか」と語っていました。
    「官僚になんかなりたくない」と語る若者がいました。彼は「東大生ってチヤホヤされるのが好きだから、評判の悪い官僚になんかなりたくない」と語っていました。
    「官僚との合コンと、外資系との合コンとがあれば、迷わず外資系の合コンに行く」と語る女子学生がいました。その言葉を受けて、男子学生は「なおさら官僚にはなりたくない」と語るのでした。

    職業とはいったいなんなのでしょうか。そして大学の役割とはいったいなんなのでしょうか。

    ~~~・~~~
    たとえば、父親がサラリーマンで「営業」という部署で働いていた子供がいたとします。まぁ、話の都合上、この父親は非常にやり手の営業マンで、帰りが遅かったり、休日の接待があったりしたものの、年収は高く、母親は常日頃からそんな父親の自慢を子供に聞かせていた、とします。子供は父親に憧れ、自分もサラリーマンになって「営業」という仕事をしたい、と思うようになった、とします。
    で、大学では商学部に入った。商学部ってなにをするところかイマイチわからなかったけど、俺は営業になりたいんだ。法学部だ文学部だ工学部に行ったって仕方がないもの。
    で、事実、彼は優秀だった、とします。大学ではサークルの主宰者を助け、一緒に汗をかいて規模を拡大させ、イベントを成功させていった。コネクションを築いたり、相手を説き伏せたりするのがとにかく上手だった。高校時代に所属していたラグビー部では上下関係を叩き込まれていたし、一方で後輩からの信任も篤かった。
    彼は某大手企業の営業部署を希望して就職試験を受けた。彼を知る誰もが、彼が受からないわけがない、と思っていた。
    ところが実際、彼はその会社には採用されなかった。彼が致命的なミスを犯したわけでもなんでもなかった。ただ、同時に試験を受けていたなかに、別の抜きんでた存在があっただけだ。代わって採用された彼、彼は東大法学部の学生だった。成績は抜群に優れており、TOEFLやTOEICのスコアも非常に高かった。この東大の彼は「給料が高い」という理由だけでこの会社を選んでいた。
    ~~~・~~~

    まぁ、もし、実際にこんなような状況で落ちた彼がいるのなら、その彼の適正を見抜けなかったアホな人事担当者しかいない会社に入らなくてよかったと思います。ただ、「なくはない」、そう思います。

    たとえばアナウンサーという職業があります。別にアナウンサーが問題なわけでも嫌いなわけでもなんでもないのですが、このアナウンサーという職業(それも数千倍とか言われているわけですが)に就いている方のなかに法学部出身という方が結構います。もちろん、それが悪いわけではありませんし、法学部は法律家になるためだけの学部ではなく、政治を学んだり、社会を学んだりする学部も多いようなので、アナウンサーを志望するのに学んでおいて損のない分野だとも思います。ただ、法学部に入って、どうしてスポーツニュースやらワイドショーやらバラエティ番組やらを担当しているんだろう、って素朴に思うんです。法学部としての経験はどこかで活かせているのだろうか、って(医学部出身のアナウンサーさんもいらっしゃるようで、なんともかんとも)。
    経済学部出身の農家、工学部出身の営業社員、法学部出身のアパレル会社社長……、こういう例はけして珍しくはないものだと感じています。こういった例が起こりうる可能性として、まず、「高校卒業程度で進路を決めることができない」という理由はあるでしょう。次に、「当初は弁護士になりたかったのだけど……」という例もあるでしょう。また、法学部であれば営業活動を行うにも会社を経営するにも、必ずしも無駄ではないわけですから、まったく意味がない、と言い切ってしまうこともできません。

    でも問いたい。改めて、学校って、大学って、そして就職ってなんなのでしょう。

    僕は大学は大きく3つくらいに業態を変化させた方がいいのではないかと思っています。
    ひとつめは弁護士や医師、美術や音楽、建築や教育、農業などといった、いわゆる職業訓練校としての大学。
    ふたつめは工学や理学、生物といった理科学や、芸術関係、医学関係などの研究機関としての大学。
    みっつめは「趣味」としての知識向上を目的とした専門学を学べる大学。

    もちろん、この3つだけに「仕分け」してしまうと、「ただなんとなく大学に行く」ことがかなり制限されてきます。よくわからないまま経済学部に行き、よくわからないまま会社を選び、よくわからないまま仕事をする──。言葉は悪いですが、ごく一般的な、非常に大多数の人たちの「進路」が閉ざされてしまう可能性もあります。
    でも、よくわからないまま会社を選択し、仕事をこなしていくのであれば、高卒であってもまったく問題はないはずです。18歳で社会に出ることが不安であれば、高校を5年制にして、より多くの一般常識を学べるように、あるいは「就職専門学校」のような機関を2年制で立ち上げて、進路を決めかねている高校生はとりあえずそこに進学するような仕組みにすればいいのではないでしょうか。

    大学教育には多かれ少なかれ国からの補助金が支払われています。「学費が安い」は「補助金が多い」の裏返しですから、私大の同学部と比較すればおおまかな補助金額もわかってきます。当然、その補助金は私たちの税金です。そうまでして、ある意味「無駄な」知識をつける必要があるのでしょうか(税金を払っているのだから受容する権利はある、という考え方もできなくもないですが)。


    いずれにしても、自分自身が何をしたいのか、どう生きていきたいのか、ということに対する渇望があまりにも希薄なように感じます。学校教育としても、ある程度の初等時代から、そういった将来に向けた生き方を考えさせるようなことをする必要もあるのではないでしょうか。「高校の義務教育化」と言われるように高校はもはや「行く/行かない」を選択する進路ではなく、必ず進むところのようになりました。大学においても少子化の影響から定員割れが多くなり、学校や学部によっては授業料無料(もちろん条件はありますが)や無試験のところも出てきたりしています。「大学の義務教育化」もいずれ言われるようになるかもしれません。そうなったとき、そこに学部は必要でしょうか。高校の普通科のように、普通学部というものができるかもしれませんね。

    村上龍さんの『13歳のハローワーク』。こういった考え方が、それこそ「普通」に行われるようになるといいですね。「職業に対する解説がいい加減すぎる」などの批判も多いようですが、それは親子での話し合いなどで解決していけばいいこと。そんな稚拙な議論より、「君にはこれだけたくさんの道があるんだよ」と早々に子供に気づかせてあげられることのメリットのなんと多いことか。子供が興味を持つことによって親も興味を持てるだろうし、その職業について調べたりすることによって子供が真剣に就職(職に就く)ということを考えられるようになるのではないかと思います。
    僕が子供のころにこんな本があったら、僕の進路も大きく変わっていたかもしれません。

    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記





    プロフィール

    常盤荘太郎

    Author:常盤荘太郎
    いろいろと調べることが好きで、そのことでわかったことを基本に日常の疑問、感じたことなど、日々の話題にいろいろとツッコミを入れていきます。
    主夫目線で書く家事全般の記録
    生活のカケラ。
    トレード日記
    株とFXのトレード日記
    もよろしくお願いします。

    サイト関連情報
    amazonで検索!
    最新記事
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2010/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    + アーカイブ
     
    ブログ内検索
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。